読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミスターチビッコ 第2形態

ブログを引っ越ししました。基本的にゲームや特撮、ガジェット関連のブログです。旧ブログURL http://sky.ap.teacup.com/chibi765/

ライトニングリターンズクリア!!(NORMALモード)

というわけでタイトル通りクリアしました。

クリア時間は56時間超えでした。サイドクエストや祈りのキャンバスをこなしてたら結構な時間が経ちましたね。

以前クリアした際に総評を書くと宣言していたのでチョイと感想を…

zect-mr-chibikko.hatenablog.com

 エンディングは大団円で幕を閉じました。

サイドクエストをこなすとライトさんの能力値が上がるので強化もかねてせっせとこなしていたら、どうやら功を奏し本来13日目でラストを迎えるのですが、失われた14日目に突入。この14日目を迎えるとエンディングでスタッフロール後にシークレットムービーが流れるようです。

良いエンディングだったなぁと思います。「13-2」という前例があったから余計に…

 

では、今作のシステムについてですが13日で世界が滅びるという事が大前提ですので終始時間との戦いです。

なのに基本的にマップが広い!

そして街やダンジョンが作りこまれているのでじっくりと眺めたり探索することが出来ないというのがもどかしかったです。

個人的に好きな街は初めて訪れる街「光都ルクセリオ」です。

13シリーズの中でも一番中世の町並みのRPGっぽい街で好きでしたね。

そんな街だからこそゆっくり見たかったのに…

あと、テレポで行ったことのある街や村などに行けるのですがテレポで行ける地点が少ないので移動がダルいってのはありました。(特にウィルダネス)

デッド・デューンのように至る所にサボテンダー像があってワープできる装置が他のフィールドにもあれば良かったなぁと思いました。

 

戦闘システムについてですが、13、13-2のようなATBバトルからガラッと変わりアクション寄りのATBになりました。

爽快感は13、13-2に及ばないですが戦闘の緊張感は今作が一番あり、ボタンをただ連打してりゃ勝てるものではなくなったので面白くもあり難しかったです。

公式がイージー推奨するのが納得できるレベルです。

ただ、難易度設定を最初に選択すると後に任意で変更できない仕様は酷いなぁと思いました。

難しくて投げ出したユーザーもいたんでは無いでしょうか?

アタクシも途中で難易度変えたいなぁと思った事が何度かありましたよ…

 あとね、ググってみると2周目前提の仕様なので素直にイージーでプレイして次の周はノーマル、さらにやり込みたい人はハードというようにやっていくとストレスフリーかもしれませんでしたね。ちょいとナメてました、サーセン

ストーリーに関してはメインストーリーをパパっと終わらせてしまうとサイドクエストばかりのゲームになります。

13シリーズの中でも1番FFっぽくない作品。

いや、13シリーズっぽくない作品ですね。

厨二満載な用語はなりを潜め、ひたすらモブキャラのお願いを聞いて見返りにステータスUPとライトさんをデコるアクセを手に入れるゲーム・・・

文字にするとクソゲーだな・・・

ストーリーは分かりやすいけど、それは「13」「13-2」をプレイしてのお話。

これらをやってないと急に出てくる過去の作品に出て来たキャラがなんじゃこりゃ?って状態ですしそもそもモチベーションが上がらない。

サッズに関しては完全に取って付けたかのようなメインシナリオでほとほと残念。

ドッヂが寝ているのを目覚めさせる仕事ばかりだな・・・と思っちゃいましたよ。

んでもってコレがメインシナリオの内の1つとはね・・・

サイドクエストでもよくね?って感じです。

13シリーズにストーリーを求めるのは酷ということでしょうか?でもね、これら3部作通してプレイした感想としては、無印ってやっぱりナンバリングタイトルを背負ってるだけあってストーリーが一番ちゃんとしてた印象です。

蛇足でしたね、この2作。

と言いつつ実は2周目(ハード)をプレイしてるんですがね。

エンディングが報われると周回プレイしても良いかなぁって感覚なんですよね。

前作はそんな気も起きませんでしたけど。

あとは単純にライトさんが好きなんだろうな、自分。

妙なコスプレさせたり「食べちゃうにゃん」とか言わせてみたりと結構楽しんでます。

方々で13シリーズはボロクソに言われていますが、発売からしばらく時間も経ち値段もだいぶ下がっているのでやってみても損はないかと思いますよ。

ただ、現在はスマホゲーのようにお手軽にゲームができるので本体の電源を入れ、ロード時間を待ち、メーカーのロゴ見てセーブデータをロードして、さあゲームだ!と思ったらまたまたロードで・・・と言った忍耐力が現代人にあるのでしょうか?

もうアタクシは慣れましたけどSFCや良くてPS1世代でFFを卒業したユーザーにはキツいですよね。

というか本体すら持っていない可能性が高い。

とても面白い作品なら本体買ってまで絶対プレイすべき!って布教できるんですが、ご覧のとおり以前から「今ならコスパが良い」とか言っている時点でねぇ・・・

まあ、ライトニングというFFシリーズでも個性的なキャラクターを産み出したが一番の功労ですかね。